ゴルフ 100切り 考え方

あなたは「100を切る人」と「100が切れない人」の決定的な違いを知ってますか?

 

はじめに

平成26年3月。
10歳の息子が初ラウンドで100を切りました。

 

あなたは

 

「シングルゴルファーの夫が教えれば、

 

うまくなって当たり前」と思ってませんか?

 

 

でも、夫が息子に教えたことは、ただひとつ。

 

 

それは”ゴルフに対する考え方”です。

 

 

あなたはわかりますか?

 

なぜ、一生懸命練習してるのに100が切れないのか?

 

なぜ、一生懸命本やDVDを見ても、100切りできないのか?

 

なぜ、練習場ではいいショットが打てるのに、コースに出るとダメなのか?

 

 

「100を切る人」と「100が切れない人」には決定的な違いがあります。

 

 

それは、”ゴルフに対する考え方”です。

 

 

考え方ひとつで、

 

あなたも必ず100切りできます。

 

 

あるゴルフ雑誌で

 

『アマチュアに、プロゴルファーのキャディーがついたら、どれくらいスコアが縮まるのか!?』

 

という企画が掲載されていました。

 

 

結果はお分かりだと思います。

 

「考え方」でスコアは縮まります!

 

 

練習場で上級者にスイングを教わることはあっても、

 

上級者がラウンド中に考えていることって、

 

いちいち教えてくれないですよね?

 

 

シングルゴルファーの夫も

 

「わざわざ、ラウンド中に考えていることを

 

その場で事細かく教えることなんてしない」って言ってます。

 

「自分の息子だから、事細かく教えている」って!

 

 

シングルゴルファーの夫が

 

息子に事細かく教えたただひとつのこと!

 

 

”ゴルフに対する考え方”

 

をあなたに教えます。

 

 

 

いつまでも100が切れなくてもいいんですか?

 

ゴルフ仲間に負けっぱなしでいいんですか?

 

いつまでもハンデをもらって喜んでいる場合ですか?

 

いままでゴルフに費やした時間はなんだったのですか?

 

「ゴルフは健康のため」って、自分をごまかしていませんか?

 

コンペで賞品を持って帰りたくはないですか?

 

ほんとうにこのまま一生100を切れなくてもいいんですか?

 

 

 

今のスイングを変えなくても、

 

考え方ひつつで、必ず100が切れます。

 

 

考え方を身につければ、

 

あなたのゴルフは確実に変わります!!

 

 

 

『人生には誰でも4つの記念すべき日がある。

 

1つ目は誕生日、2つ目は婚約の日、3つ目は結婚の日、4つ目は死亡の日であるが、

 

ゴルファーにはもうひとつこれに加える日がある。

 

それは、はじめて100を切った日だ。』

 

リューイス・ブラウンの名言です!

 

 

さあ、あなたも人生の記念すべき日を迎えましょう!!

ショット別100切りの考え方

 
【ティーショット】              【アプローチ】  

 
【バンカー】                【パター】

スポンサーリンク




↓↓とにかく飛ばしたいなら、このドライバー↓↓


新 着 記 事

おすすめ記事


 
トップ 目次〜お悩み別〜 プロフィール おすすめ練習器具 ゴルフ上達教材